Amway堕ちした時の話③~怒涛のマネークラッシュ~

ども!岡山のブロガーコミヤマタイキです!!前回に引き続き、今回も自分の黒歴史の続きをこの場を借りて綴っていこうともいます。前回、大学や地元の知り合い、SNSでAmwayの話を持ち掛けては一瞬にして人間関係が消し飛ぶという、まあ何とも清々しい経験をさせていただきました。笑

前回の記事にも書きましたが、人間関係の崩壊はこのAmway堕ちのエピソードのほんの序章に過ぎなかったかなと考えています。この経験から学んだのは、ここからのお金にまつわるお話なのです。

まず、MLMの話を聞いた方や経験をされている人は何となく理解されていると思いますが。このビジネスは人が買い物をすることで収益が成立するビジネスモデルとなっています。つまり何が言いたのかというと、買い物をしなければ収益は0円ということです。もっと言えば、会員登録をさせても物を買わなければ意味がないというわけです。

で、そこに待ち受けていたのは【買い込み】という名の愚行でした。これね、やる人はバカなんじゃないかなって思うじゃないですか?でも経験したらわかるんですよ。買い込みさせられるような心理状態に陥るんですよ。その心理状態に陥るまでの経緯は後から紹介します。

まず、買い込みがどのように行われるのかというと、買った製品の売り上げの数%が紹介マージンとして入る仕組みとなっています。会社によってここのパーセンテージが変わってくるので今回はAmwayの場合でのお話で例を出します。

①タイトル維持もしくはタイトルアップのため

Amwayではグループでの売り上げが上がることでタイトルが挙げられます。詳しいタイトルはコチラに記してますので、参考にしてもらえたらと思います。

タイトルが上がるともらえるボーナスも上がり、収入も必然と増えていきます。しかし、タイトル維持することがボーナスを貰える条件となっています。言わば、売り上げキープをしないといけないというわけです。

つまり、グループの売り上げが下がるともらえるお金の額も少なくなる。だからこそ、アップラインは血眼になりダウンラインに製品購入の強要を迫るのであります。

または、見栄を張ってタイトルアップをしたいが為にタイトルアップの条件に必要な売り上げを自己購入してその分をグループの売り上げの一部として補填する形をとる輩もいるので、これが買い込みに繋がっています。

タイトルアップすると表彰され周りからもチヤホヤされるので、借金してまで自己購入したこの手のネットワーカーはこれを買い込みでなく【未来への投資】として前向きにとらえています。前向きなのは良いですが、これはかなり
危険な状態です。借金も膨れ上がり、MLMから抜け出せなくなるので。もっと言うと、その表彰に快感を得て更にタイトルアップを目指しまた借金をしてまで売り上げに悪い意味で貢献しようとする。

そして、タイトルアップしてチヤホヤされて、もっと褒められたい。もっと尊敬されたいと思い上を目指す。そして、身の丈の合わない生活などしようとして借金も増え、支出も増え、終いには首が回らくなります。これが、一番最悪なネットワーカーの買い込みの末路です。

一度得てしまった栄光を捨てきれないという、プライドがあるのでしょう。

②アップラインからの強要

これもよくあります。ちなみに僕はこのパターンでした。笑
アップラインがタイトルアップしたいがためにダウンラインに今月の目標とか、リストアップとかアレコレ口を出してきます。繰り返しになりますがAmwayもといMLMの収益モデルはグループの売り上げによって変動してきます。

つまり、ダウンラインの買い物が少ないと自分の収益も少なくなります。だから、今月どのくらい買い物しているのかとか。あと、何ポイント足りないとか。色々月末近くになると催促の連絡が来るようになります。気の弱かった僕はアップラインの言われるがまま月44000円の製品を毎月のように購入していました。勿論、これが原因でグループの崩壊につながった例も沢山あります。

結局のところMLMというのは人と人との繋がりです。でも、それがいつの間にかお金だけの関係になり終いには人が離れていくという悲しい話をよく聞きます。

話は逸れましたが、アップラインからの強要で月44000円の自己購入からの大型製品の購入、更にはセミナーやら遠征費、最高タイトル所持者への誕生日プレゼントのためお金を徴収されるなど。。。

気が付いたらAmwayで総額120万円ほど借金してました。笑
単純にお金の管理が全然できていなかっただけかもしれませんが。笑

ただ、最高タイトル所持者に対する誕生日プレゼントに関してはやはり今でもどうなのかなって考えてます。そりゃ毎日のように顔合わせして、いつもお世話になっている人なら分かりますが。会ったことすらない人の為に何故お金を聴取されなければならないのか不満はありました。普通誕生日プレゼントって誰かを純粋に喜ばせたい心の結晶だと思っているので。どこのだれか知らない人のために祝うお誕生日プレゼントって本質とは少し違うかなと思ってます。

すみません、話がまた逸れました。とどのつまり、アップラインの売り上げ貢献のため自分を押し殺して製品を無理に購入して結果【買い込み】になってしまったというこです。

ただ、これは不幸中の幸いかなと思っています。と言いますと、結果も出ていなかったのでAmwayからすんなり抜け出せることができたからです。結果を出してグループが出来て、自分の心にプライドを持っていたら①のように悲惨な目にあっていたと思います。

【さいごに】

これはあくまでもAmway経験者の一個人の意見になりますが。このMLMの業界というのは末端になれば損するけど、上に行けば行くほど末端以上に恐ろしい未来が待っていると考えています。勿論、【ちゃんと成功】して上に上り詰めた人は収入も時間も両立した優雅な生活をされていますが。タイトルアップがしたいために無理に自己購入し、見栄を張るために高い買い物して家計が火の車になっているタイトル保持者は沢山います。SNSでは仲間に囲まれてとてもキラキラしていますが、内情を覗いてみると様々な金融機関からお金を借りてたり、水商売してたり、酷いところになるとダウンラインからお金を借りていたりなどしてる所もありました。

僕がお世話になっている経営者の方から

「MLMは見せるビジネスだから、一見お金を持っているように見せて、財布の中身がスッカラカンな人は沢山いるから、見せかけには錯覚されないでね」

と教わりました。そう、僕がAmway堕ちした時、皆キラキラしてて身なりも良いのでイケてるお金持ち集団だと錯覚したのかもしれません。でも、それは錯覚でそんな幻想に心を付け込ませてMLMの世界に引きずり込む戦略だったのかなと今でも感じてます。でも、何だかんだ皆良い人たちだったので恨んではいませんが。笑

そんなわけで、コミヤマタイキはAmwayでアップラインの犬へと成り下がり、
お金をどんどん浪費するのでありました。そして、Amwayにのめり込んでいったのでいったのであります。

<つづく>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です