詐欺にされやすい人の特徴

こんにちは。岡山のブロガーコミヤマタイキです!!今回は、詐欺に引っ掛かりやすい人の特徴についてお話します。ぶっちゃけこの記事を書いてる僕自身めっちゃ詐欺に騙されてきたので
その戒めも込めて書かせていただいてる所存ではあります。笑

では、以下のトピックスでお話を勧めさせていただきます。

詐欺に引っ掛かりやすい人の特徴

①人の言葉を信じ込んでしまう人

②頑固な人

③自分の意志のない人

④詐欺に合って間もない人

①人の言葉を信じ込んでしまう人

まず、騙されにくい方というのは、主体性があります。
相手の言葉を鵜呑みにしないで、詳しい説明を求める、疑問点があれば質問する、というような自発的な行動を欠かしません。

さらに自分で情報を集めたり、調べたり、自分の方から確実な電話番号(公的機関・以前からの息子の電話番号など)へ問い合わせたりします。また、家族や警察に相談することもためらいません。

ところが、騙されやすい方はこの逆です。主体性が無いため、他人の言葉を鵜呑みにして、言いなりになってしまいがちです。さらに、客観性も乏しいため、冷静な判断ができずに慌てて指示通りに動こうとします。その他、人を疑うこともなければ、物事を深く考えようとしません。家族や警察へ相談するという行為も主体的な判断と行動力が必要なため行えないという方も多くいます。つまり派手に被害額を出す詐欺師は除いて、小規模な詐欺師ほど捕まりにくい理由はここにあります。

被害者本人が被害届そのものを出さないので事件にもならないのです。ただ被害届を出したとしても警察は民事事件には関与してこないのでそこまであてにはならないです。正直慰められて終わりです。

詐欺師もその辺は熟知しているので大規模にはせずにせいぜい20~50万ほどの情報商材を売る輩が後を断たないのです。まさに社会の闇の一部ですね。

~②頑固な人~

頑固な人またはプライドの高い人が詐欺に引っ掛かりやすいです。もっと厳密にいうと自分の間違いをなかなか認めることのできない人ほど詐欺に合いやすいです。

自分の意志で何でも決めて人の意見も認めず受け入れようとしない人は誰にも相談せずに怪しい案件が来ても勝手に大金を突っ込んで奈落に落ちる人を沢山見てきました。また、①のタイプとは異なりプライドが高いため被害にあったとしても誰にも相談できず一人で泣き寝入りするという羽目になってしまいます。

騙されたという事を周囲に知られるのが恥ずかしいという感情が問題解決するという意思を勝ってしまい一人で抱え込んでしまいます。こうしたプライドの高い人も詐欺師にとっては格好の的なので自分の性格が頑固ということに自覚があるのであれば今一度、自分の内面を見直してみてはいかがでしょうか??

また、騙された分を更に取り返そうとするのも頑固な人の特徴なので気を付けましょう。負けた分を取り戻そうとしたら100%また搾取されます。

~③自分の意志がない人~

自分で何も決められない、家族や周囲に決断を求めてしまう、そんな決断力のない人も騙されやすい人と言えます。マルチ商法や新聞の勧誘などで、その場で購入の有無の決断を求められる様な詐欺に、こうした人は騙されやすい傾向にあります。自分一人で決断しなくてはならない状況を求められると、適切な判断能力を失ってしまいがちだからです。この様な決断力のない人は、「ドア・イン・ザ・フェイス」(門前払い)と呼ばれる心理操作術を使っての詐欺に騙されやすいと言われています。

「ドア・イン・ザ・フェイス」(門前払い)とは、最初に相手が断りそうな悪条件を出し、その後でより緩い条件を出して相手の承諾を得やすくする手法です。
決断力のない人は、緩い条件を出されると何となく断りにくくなってしまい、ついその条件を承諾してしまいます。その結果、騙されてしまうのです。

またこのタイプの人の大きな特徴としては専門家の言う事を真に受けてしまいます。これに関しては①のタイプも一緒です。 例えば政治経済の話なら池上彰さんという専門家の話は素人が話す以上に説得力があります。何故説得力があるかと言いますと、【政治経済の専門家】という権威があるからです。勿論一般レベル以上の知見の持ち主ですがそれに権威というブランドが付加されることにより言葉に重みが出てくるのです。

しかし、世の中にはこうした専門家の仮面を被った偽物もたくさんいます。詐欺師は言葉の中身よりもこうした外見的な部分から攻めてきます。それっぽい高級スーツに時計とかして「私は投資の専門家です」と豪語してる投資系の詐欺師なんてゴロゴロいます。勘のいい人なら一発で胡散臭い人だとすぐに見抜くのですが、自分の意志を持たない人は外見や偽物の権威にすぐ騙されます。

「ブランド物してるし、専門家なら間違いないだろう」みたいな単純な思考に落ちるのです。何が言いたいのかと言いますと、専門家という言葉や見てくれだけには騙されないでください。

~④詐欺に合って間ものない人~

どれだけ警戒したとしても、やはり詐欺に合う人は後を絶ちません。そこでこの記事を読んでいる人に一番訴えかけたいことをこの場を借りて書かせていただきます。それは詐欺に合ったとしても騙されたお金を取り戻そうとする気持ちは直ちに捨ててください。何故ならば取り戻そうとしたら余計に怪我をすることになるからです。

これはギャンブルの世界でよくある話なのですが。大きく負けたら負けた分を取り戻そうとして更に赤字を出してしまう負のループに陥った話があります。詐欺もこれと一緒で騙されたお金を取り戻そうとしたら冷静な判断能力が欠けてしまい更に詐欺に合ってしまいます。

僕もこれは経験しました。今思えば怪しい案件だったのになぜあの時お金を投じてしまったのだろうかと疑問に思うことも沢山あったのですが。当時の心境を考えると騙されて時間がそこまで経過していなかったので、躍起になって取り戻そうとする気持ちが先走ったのではないかと考えています。躍起になると冷静な判断が出来なくなるので、負けた分を取り戻そうとするのはかなり危険だなと今ではこの失敗を胸に刻んでいます。

~まとめ~

ここまで「詐欺に合いやすい人の特徴」をご紹介してきましたが、皆さんはどう思われますか?皆さんは、ここに挙げた4つの特徴にどの位当てはまったでしょうか?いずれにしても言えるのは、騙されない為には

・何でも自分一人で判断せずに誰かに相談する。
・事前に出来る限り沢山の情報を仕入れておく。

といった様な自己防衛手段を講じておかなくてはならないという事です。皆さんも、ここに挙げられた特徴を参考にして、騙されない人になれるように一緒に頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です