仕事さっさと終わらないかなとチラチラ時計を見るのは自分の死期を早めている

こんにちは!岡山のブロガーコミヤマタイキです!
突然ですが、就業時間になると早く帰りたいって思っている人いませんか?
多くのサラリーマンは定時になるのをワクワクしてたり、土日または祝日が来るのをいつも神に祈るがごとく待ちわびています。

ただ、こうした想いって戻ってこない時間をさっさと終われと言っているようなものなのです。何が言いたいかというと、早く死期よ迫れって自分に言っているようなものです。もっと言うと、寿命よ縮まれと言っているのと同じなのです。

休みが待ち遠しい人は平日を無為に過ごしているのと同じです。

僕が尊敬する経営者の方から教わったことなのですが。

”早く金曜日になってほしいと願うことは、早く寿命よ縮んでくれ”

と同じ意味だと。

時間というのは皆平等に与えられているのものです。また、これは土日祝日、平日関係なく価値は一緒です。なので早く休みになれというのは貴重な平日という時間をドブ川に捨てるのと同じ行為だと強く仰られていました。

人生は一度きりです。そして、時間はどれだけ頑張っても戻ってきません。つまり、自分たちが無意識に早く仕事終わらないかなと思っていることはこうした時間という資源を無駄遣いしているのと同じ行為なのです。

しかし、そうは言っても多くの人は時間は有限であるという事は自覚を持っています。ここで重要なのが時間というのはとても価値があると分かってはいるけどついつい無駄に過ごしてしまいます。では、何故このような事が起こるのか。理由は明白です。

それはただ【とりあえず生活するため】の仕事として働いているから、
そこにやりがいや生きがいを感じずらくなっているのかもしれません。

生活するためだけの仕事ってぶちゃっけしんどいしつまらない

これはAmwayで活動していたころにセミナーで「つまなそうに働いて土日を待ちわびている人はライスワークをしていて、楽しそうに働いてる人はライフワークをしている」という話を聞きました。

ライスワーク=生活するためだけの仕事

ライフワーク=やりがい生きがいの創造

因みにあなたはどちらの仕事をしていますか?前者のようにただひたすら生活するだけの仕事をして休みを待ちわびている人ですか?それとも後者のように毎日をワクワクしながら仕事をしつつ寝る間も惜しんで仕事に夢中になっている人ですか?

とは言っても働き始めの社会人は「働き始めたばかりだからそんなの知らん!」って思う人大勢いると思います。ただその【知らない】状態を継続していると数年後自分のやっている仕事が知らず知らずの間にライスワークになっている可能性は極めて高いです。

もっと言うと、年季を重ねたとき挑戦することを恐れる人になってしまうこともあります。更に恐ろしいことにこうした人ほど若い芽を摘もうとする言動に出たりするのです。

関連記事:

社会人になってある程度業務を覚えるようになっていくと、「食べていくために仕事をする」というマインドになってしまい、「どう楽しく仕事をするか」という考えがどうしても抜け落ちてしまうのです。

仕事は向き合い方によって、もっと自分の生きがいや喜びに繋がったり、充実感に影響を与える可能性だってあります。極論を言ってしまえばライスワークからライフワークに変わった瞬間平日の過ごし方というのが一気に激変するかなと僕は考えています。

貴重な時間を無駄にしない方法ではどうしたら無為な時間とおさらばできるのか?

転職して新しい環境で1からやり直すというのも荒業ですがアリかなと考えていますが、なかなかそこまで決断するのは難しいかなと思います。で、僕なりにもっと簡単な方法がないかなと模索した結果、一つの答えが出ました。

それは、そもそも自分が何に・どういう瞬間に”ワクワク”するのかを考えるということです。

例えば僕なら、
●常に何か新しいことにチャレンジしてみる(仕事終わったらボルダリング行ってみたりとか)
●常に新しい出会いをする(異業種交流会行ってみるとか)

こんな感じですかね。今やってる業務を工夫して無理に楽しくしようとするのは少し難しいかもしれません。ただ平日の過ごし方を変えるだけでもその日その日のモチベーションは大きく変わってきます。

公私混同はあまり世間体は宜しくありませんが、私事を充実させるから仕事も一緒に捗るのではないでしょうか。
まあ、それでも仕事が楽しめないのであれば転職するのも一つの手かなと。

ただ、気を付けないといけないのはただ闇雲に転職しても新しい職場でモチベーションが上がらなかったら意味はありません。勿論職場がブラックなら四の五の言わずに自分の身を守るためにさっさとおさらばするべきなの
ですが。

と、お話が脱線しましたが。とりあえず自分の考え方や工夫次第でライスワークをライフワークに切り替えることは全然余裕です。こうした工夫が出来れば日曜日の夕方にサザエさんのエンディングテーマを聞いて憂鬱になることはまずないです。

たしかに土日も楽しいけど、それと同じくらい平日も全力で楽しめたら、
貴重な人生の時間を無駄なく過ごせるようになると思います。

休みの日よりも仕事をしている時間の方が長いので、そこを無為に過ごすのは
流石に人生損しますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です