人間関係のイライラを消した裏技

こんにちは!三度の飯よりブログ大好きコミヤマタイキです!

現代社会において悩みの種は人間関係かなと色んな人の相談にのっているとき
いつも感じさせられます。こうした相談を受けていると、「コミヤマさんは人間関係でストレスとか感じないのですか?」ってよく聞かれます。僕はストレートに「はい!全く微塵も感じません!」と返事をしてます。だって事実ですから。笑

とは言っても、これはあくまでも今の話で昔はちょっとしたことでイライラしたりストレスをため込んでいました。ただ、ちょっとした捉え方を変えたら何と人間関係がめっちゃ楽になったんですよ。今回はその人間関係のストレス軽減させたスゴ技?をご紹介します。

そもそも人間関係のストレスの根本を知ろう

そもそも、こうした人間関係のストレスって一体全体どこから来ているのか?それは自分自身の周りに対する考え方かなと僕は考えています。というのも、こうしたストレスをためる人の多くは「全て相手が悪い」と考えてしまう傾向があります。その他責の念こそが人間関係のストレスを引き起こす原因なのです。

ただ、これって相手に対する捉え方を少し変えるだけでめっちゃ楽になります。では、その相手に対する捉え方って何なのか??

そもそも、こうした他責の念という感情は自分が理解できない行動や言葉を相手が発するから沸き起こるものかなと僕は思っています。

「なんでこんなことするのか?」「なんでこんなことしてくれないのか?」

などなど。。相手に色々と期待するんですよね。つまり、自分の期待通りの動きを相手がしないとどうしてもイライラしてしまうんですよね。気持ちは分からなくもないですが。しかしながら、自分の期待を相手に押し付けても相手の行動は変わりません。寧ろ自分に対する不満が募り余計に自分が思った通りに人は動かなくなります。

では、どうしたら良いのか。答えは簡単です。相手を変えようとするのではなく自分を変えようとする努力をしましょう。たったこれだけです。だって、どれだけ努力しようと人は変わらないので。でも自分自身はいくらでも変えることが可能です。何故なら自分の事ですから。自分は自分自身じゃないと動かせないじゃないですか。

つまり、何が言いたいかというと、自分自身の考え方を改めて相手の捉え方を変えてみませんかということです。

<相手の捉え方を変える具体的な方法>

僕も学生時代やフリーター時代は表には出せなかったけど、何かしら思い通りに事が運ばないときは、「こんな結果になったのも皆●●のせいだ」「●●がいなければ、、、」とめっちゃ腹黒いことを心の中で考えていました。

そんな中、僕が以前働いていたバイト先でいつも嫌味を言ってくる性格の曲がった先輩がいました。何かするにつけて細かいことを言ってくる粘着質な言動に毎回頭を抱えていましたが、ある日僕が尊敬する上司が、

「ああやって、人の粗を探すのがあの人の生きざまなんだよ。あの人の生きざまに貢献してるって思えば良いんだよ。光栄なことだな」

と話しているのを聞いて、なるほどそうした捉え方があったかと衝撃を受けました。その日からその上司を見習って相手に対する捉え方の意識が芽生え始めたのです。

相手への捉え方具体例①

細かいことをいちいち嫌味たらしくいってくる先輩(上司)
→「仕事が人一倍熱心な人。ただ精神年齢が中学生だから一生懸命部活動を頑張っている中学生を相手にする意識で接しよう」

相手に対する捉え方具体例②

相手から理不尽に怒鳴りつけられたとき
→「今朝家族の方と喧嘩でもしたんだろう。同乗してあげよう」
→(相手が女性なら)「生理かな??そっとしておこう」

とまあ、こんな感じで自由に皮肉なストーリーを交えながら相手に対しての捉え方を変えてみると結構人間関係でストレスを感じることは一気になくなりました。

なので、もし人間関係でイラっとしたら「何故この人はこんな言動をとるのか」と一度冷静になって立ち止まって考えるのが面白いかもしれません。

ただ、最後にこれだけは言っておきたいのですが。こうした捉え方をしても次元を超えてイラつかせてくる人も稀に存在します。そんなの時はこんな奴に時間割いているほど俺は暇じゃねえと割り切ってください。間違っても拳はアウトですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です