意識高い系が生まれる理由について考えてみた

こんにちは!岡山のブロガーコミヤマタイキです!皆さんの周りに意識高い系は
いますか?もしくはそうした輩に遭遇したことはありますか??

僕は過去何度も対面したことがあります。まあ、自分ももともとその部類の人間だったので
偉そうにいう権利はないと思うのですが。笑

では、今回はこの意識高い系をテーマにお話をしていきたいと思います。

意識高い系が何故生産されるのか?

そもそも意識高い系とは見てくれや言葉は一人前なのにそれに伴う行動や
実績がない残念な人種のことを意識高い系と言います。Instagramなどでも
高いブランド物や高級マンションを背景にかっこつけているビジネスマン風の
写真とかちょくちょく見ると思いますが。あれも意識高い系の典型的なパターンです。

自分をよく見せようとすることは否定はしないのですが自分の身の丈に合わないようなブランディングは身を亡ぼす要因になります。特にマルチ商法をやっている人たちはこうした行動によく出がちで、とにかく相手に自分は優雅な生活をしてますアピールをして、相手を幻惑させ登録させるといった手口をよく使ってきます。

悪手ではないと思いますが、個人的にはあまり品のない戦略かなと考えています。何故ならばあくまでも凄く見えているのは見てくれだけで中身の部分がすっからかんだからです。勿論、全員ではありませんが。

話は逸れましたが、ではどうしてこうした意識高い系の人種が生まれるのか。僕は理由が承認欲求が根源に来るのではないかと仮説を立てました。

意識高い系の根っこ

意識高い系の人種が生まれる理由は至ってシンプルかなと考えています。人に認めてもらいたいという欲が働いて痛い言動を繰り返すのです。こうした承認欲求というのは自己表現よりも先に来るものなので、この自己表現を満たしていないとこの承認欲求で心が満たされてしまいます。

よく考えてみてください。周りから認められている実業家ってネタ以外で痛い言動しますかね??厳密にいうとこうした人たちがビジネス用語を使っても何も違和感はないと思います。寧ろ大衆に分かりやすいように伝えるので難語だったり横文字はあまり多用はしません。なので実績も出し周りからちゃんと認められている本物は意識高い系にならないのです。何故なら承認欲求っていうのが無いからです。

で、逆に自己評価の低い人間はそこにコンプレックスを持ちそれを隠すために、高いブランド物だったり難しい話をしたりして自分を高く見せようとするのです。こうした発言や行動を繰り返すことにより人は意識高い系に変貌します。

意識高い系に変貌するまでの経緯

ではもう少し人が意識高い系に成り下がる過程を詳しく解説していきます。結論から言うと社会的評価の高い職業、ステータスの疑似変化によって引き起こされます。何故ならば意識高い系というのは偉人や実業家、リーダーを意識したような言動が多いです。

つまり、意識高い系というのは【何をするのではなく、どんな状態に憧れているのか】という心理があります。なので身の丈に合わないライフスタイルを無理やり形から入って自己評価を必死で上げようします。だから意識高い系のSNSは痛い内容の投稿しかないのです。

先ほどのマルチ商法をやっている連中の話をもう一度出しますが。どんな仕事をしてどんなものを生み出すのではなく、こんな風になりたいという憧ればかりに目が行ってしまい何かしらおかしなことになってしまったのです。

しかし、何度も繰り返しますが承認欲求は自己表現より先にくるので、自己評価が低い限り何かを成し遂げたいというよりも、【こんな風になりたい、こんな風に見られたい】っていう気持ちで一杯一杯になります。

関わらないのが一番

これはあくまでも偏見になってしまうかもしれませんが。僕自身意識高い系と一緒に何か活動したいとは思いますせん。その理由は格好ばかりにとらわれて、泥臭い努力を継続できない傾向がかなり強いからです。

なので、意識高い系は普通の仕事をするとだいたいは挫けます。それは、物事を成し遂げる行動ではなく意識の高い行動をとるので、そこに情熱も魂も込められていないからです。なので意識高い系の人たちとの価値観と相いれないので僕個人一緒に行動するのは避けたいかなと考えています。

基本的に意識高い系という人種は低い自己評価に苦しんでいます。しかしながら、周りから称賛されたいという気持ちを一朝一夕で改善することはまず難しいです。厳しいことをいうかもしれませんが。こうした生産性の無い人たちとつるむのは極力避けた方が良いかなと僕は考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です