「好きなことだけで生きていく」は毒である

こんにちは!岡山のブロガーコミヤマタイキです!5年前くらいからYouTubeで
「好きなことで生きていく」という名言が瞬く間に広がりました。
そして、自分の好きなことを極めて収入を得てご飯を食べている人が昔に比べて
かなり多くなりました。こうした社会情勢の変化から小学生の将来の夢に
YouTuberがランクインされるようにもなっています。

しかしながら、僕は好きなことで生きていくという言葉がなんか独り歩きしている気がしたので今回はどちらかと言うと物申す系に近い記事なるかと思いますが最後までお付き合いしていただければと思います。

そもそも好きなことで生きていくのは無理がある。

はい。いきなり夢をぶち壊すようなことを言いました。しかし、好きなことで生活している人ってほんの一握りだと考えているからです。今ではYouTubeにはチャンネルや動画は星の数ほどあります。そんな莫大な数のコンテンツから自分自身を大衆に認知させるという所だけでかなり大変です。単純に商品レビューしようが馬鹿をやらかそうが莫大なコンテンツに埋もれるのが関の山です。勿論、タグ付けであったりキーワード選定、時流を読んで大衆に必要とされている情報発信する場合は伸びしろはあるかもしれません。そこら辺に関しては、此方のマナブさんの動画が詳しく解説されていますので是非参照してみてください。

あなたの好きなことって何ですか?

そもそも論なのですが。好きなことで生きていくためには飯を食うのも忘れるくらい。もっと寝る間も惜しんで夢中になれる何かが必要ですよね。当たり前の話ですが。そのくらい周りも見えないくらい集中できる分野を持たれていますかという話なのです。

例えば、料理が好きだけど週に2,3回程度やるくらいの熱量では全然足りないという事です。つまり、好きなことで生きていくという事は自分の興味のある分野を24時間365日フルにやるくらいの熱量が必要という事です。趣味でのんびりやるくらいなら前者くらいの熱量で充分なのですが、生きていく場合はそれくらいの本気度が必要ということです。やるからには徹底的にやり込むくらいでないと好きなことで生きていくことは単なる夢物語です。

好きなことで生きていくためにはどうしたら良いのか?

結論から言うととりあえず興味を持ったものに対して手探りでいいので色々と挑戦してみることです。で、その中でコレだと確信を持ったら継続してみてください。欲を言えば毎日やりまくるのが良いのですが、そこはどうしても個人差が出てしまうので休み休みやるものOKです。とりあえず、やるだけやってあとは継続するただそれだけです。気が付いたら、それが自分にとってやりがいと生きがいになっていますので。

収益の事を考えると100%挫折する

有名YouTuberであるヒカキンさんを例にとってみますが。彼は最初からお金目当てで動画投稿をしていたでしょうか?

おそらくしていなかったですよね。彼は大好きなボイスパーカッションをやっている風景を何気なくYouTubeに投稿し続けた結果、色んな人に認知されいつの間にか大物YouTuberとして評価されるようになりました。ただ、好きなことを純粋に続けたからこそ後から周りの人に感動という価値を与えることでそれが【たまたま】収入に変わっただけなのです。

何が言いたいかと言うと、いきなりお金儲けをしようとして好きなことをしようとしても長続きしないという事です。下手をしたら収益化しないことに焦りと憤りを感じて好きだったことが嫌いになってしまう危険性があります。重複にはなりますが、まずは収益化は二の次、三の次に考えて好きなことをひたすら継続して極めてSNSなどで拡散してみるなり、色々と工夫していけば自然と認知されるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です