UberEatsを約一カ月間稼働した結果

こんにちは。岡山のブロガーコミヤマタイキです!さて、Uber Eatsを稼働させてほぼ一か月が経過したという事で実績をかるーく発表したいと思います。

今回は前置き無しで数字から提示します。まず、収益は約90000円の売り上げが上がりました。因みにこれは経費計上せずにダイレクトに入ってきた収益なので
ガソリン代とかオイル代とか差し引けば粗利は80000円くらいになるかなと。

では、この稼働した1カ月あたりの活動をこの記事でまとめてみましたので、
もし地方で今後Uber Eatsをやってみようかなと思う人がいれば参考にしてもらえたらと思います。

4月13日~4月20日

最初の1週間はブーストと呼ばれるボーナスがついていたので、週給30000円は貰っていました。また、僕が住んでいる地域がちょうど加盟店が密集している地域だったので自宅でオンライン状態にしても割と注文が来たりすることもしばしばありました。そういう意味では地の利は充分あったかなと考えています。また、雨の日とかは配達員が少なかったのでそこの間隙を縫う形で注文を拾っていきました。

4月20日~4月27日


最初は割と幸先いいスタートを切れたかなと思ったのですが。この週から売り上げが落ち込み始めました。理由としてはちょうど自粛の声が岡山市内でも強まった為、いろんなお店など特に飲食店とかが休業を始めそこで働いていたアルバイトスタッフが一気にUber Eatsの配達員に雪崩れ込んできたため供給過多になったのが大きな要因かなと考えています。

4月27日~5月4日


売り上げも相変わらずフル稼働したのにもかかわらずスズメの涙程度でした。配達員の増加とともに、収入も激減した人が大勢るので注文数の減少且つ配達員の増加という最悪なパターンにハマっているのかなと推察されます。

5月4日~5月11日

GW期間中の売り上げはかなり落ち込みました。この期間に配達員が更に激増したのが原因かなと。先月に比べてUber Eatsのバックを背負っている人とすれ違う回数がかなり増えたので、今後も配達員の数も増えていくかなと。
また自宅で待機してる時間が割と多かったので次の策としては街に出て注文を拾う確率を上げていこうと考えています。

あくまでも色んな人から聞いたお話なので定かではありませんが。自宅待機しているよりも巡回している配達員の方にAIは割と注文をふるとか。ただ自宅待機は僕の中でかなり失敗したかなと考えているので、そこは改めて巡回スポットや
拾いやすい場所時間帯も統計をとりつつより効率よく収益を上げられるように戦略を練っていきます。

ただ、岡山市内も今後加盟店は増えていきますし、paypayの導入もされるので現状はまだ専業として稼いでいくのは無理ですが。風向きは少し変わってくるかなと予想されます。

また5月15日より大型ショッピングモールの営業再開などもありますので今まで雪崩れ込んできた配達員も本業の方に戻っていくと考えられますので、楽観的に捉えるのであれば専業として収入が成り立つかなと。あくまでも楽観的な観測ですが。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です