Amway堕ちした時の話①~希望という名の地獄~

ども!岡山のブロガーコミヤマタイキです!!さて、今回は就職活動で失敗して
うつ病になりそこから、とあるビジネスに手を染めたエピソードを公開したいと思います。前回の記事をまだ読んでない人はコチラから読んでもらえたら話が
円滑に入ってくるかなと思います。

前回の記事はコチラ

大学付近でイベントスペースを営んでるオーナーから、これからの経済は
先行き不安だからそれに対抗するべく手段は持つべきだと言われました。
しかし、世の中のことを何も知らない僕にとっては何をしたらいいのか
全く見当もつきませんでした。

そこでオーナーから、普通の人でも成り上がれるリスクの少ないやり方があるけど話だけ聞いてみないかと言われ、僕はすぐさまお願いしますと即答しました。
そして、オーナー(以下Nさん)はiPadを取り出し、その手段についての
プレゼンを話し始めた。開口一番に聞いたのが

小見山君、Amwayって知ってる?

???

初耳でした。世間知らずの僕にとって、名前すら聞いたことありませんでした。
僕は率直に知りませんと答えました。

Nさんは続けます。

「Amwayっていうのはね品質の高い、しかも世界レベルの製品を作っている
巨大なメーカーなんだよ。しかも頑張った人には頑張った分の成果が与えられる。性別、人種、学力関係なしで誰に対しても平等なビジネスなんだよ」

???

正直何を言っているのか訳が分かりませんでした。とりあえず、そのAmwayって会社が作っている製品を営業したらいいのですか??って聞いてみたらNさんは笑いながら、売るんじゃなくて広めるんだよ。しかも、大好きな製品を大好きな友達に伝えるだけだからセールスでも何でもないんだよって言われました。

???

ますます、訳が分からくなりました。そこでNさんは、そのiPadに保存されている一本の動画を見せてくれました。それが、このパブロとブルーノの動画でした。

体一つで働くのは限界もあるし自分の身に何かが起こったとき収入が0になる。しかし、自分が動かなくても収入が自動的に入ってくる仕組みを持っていれば、お金だけでなく時間の束縛もなくなる。まさに自由な暮らしで自分の思い描いていたライフスタイルを思い描くことができるようになる。

みたいなことを訴える動画でした。

Nさんから動画の感想を求められたとき、僕は即座にパブロのような人生が送りたいですと答えました。(単純過ぎwww)

そうだよね、パブロのように自動的に収入が入ってくる仕組みを持てば小見山君のやりたいことが出来る人生が送れるよね!それをAmwayで実現しようっていうのが今回の落としどころなんだけど。

ってな感じでまたAmwayのプレゼンに戻るのですが。そこで、出てきたのが収入の種類の話をされました。まず、世の中には沢山の種類の仕事が存在するが収入の種類は2つしか存在しないということです。よく聞くワードかもしれませんが、それが労働収入と権利収入の2つということです。

労働収入は自分の体で時間を削って収入を得ること。動画でいうブルーノを指し示します。一方権利収入は仕組みで収入を得るということ。例えば、アパートの一室を入居者に貸し出して毎月家賃収入を得るみたいな感じです。動画でいう終盤のパブロのあり方を指し示します。

端的に言ってしまえば、この権利収入は自分の身を切り売りしなくても収益があがることなのでこれを手に入れてしまえば、時間も手に入りやりたいことを不安なくやり遂げることができるというとても魅力的なお話でした。何で、こんな素晴らしい話を今まで知らなかったのだろうと、嘆き悔やみました。

しかし、その仕組みを作って収入を得るという手段が権利収入ということは理解しましたが。問題なのはそれと日用品メーカーと何がどう関わってくるのかイマイチ繋がりがつかめませんでした。そこで、その反応を待っていましたと言わんばかり、始まるわけです。勧誘を受けた人は経験あると思いますが、報酬プランのお話です。

細かい部分を上げたら長くなるので、報酬プランのお話は以下の動画を参照してください。

如何でしたか??これが、Amwayで権利収入をとる方法です。ちょうザックリいてしまえば。 自分の紹介者がAmwayで買い物して、その売り上げの数パーセントが紹介マージンとして入ってくるスキームとなってます。もっと言ってしまえば、アフィリエイトのオフライン版だと認識してもらえたらと思います。

しかも、自分の紹介者が更に何人か紹介を出してグループになれば、そのグループでの売り上げの数パーセントが入るというルールも存在していたので、単純に人を紹介して終わりという単発型の収入でなく自分のグループが大きくなればなるほど収入も増えていくし、日用品は消耗品なので無くなればまた購入するので
半永久的に売り上げがキープできるとのことです。(この理屈に穴はあるかもしれませんが、そこは大目に見てください)

世間知らずで過保護に育てられた自分にとって、この話は全てが凄すぎました。今思えば、かなりの情報弱者だったなと
深く反省してます。笑

しかし、問題点が一つありました。それは、、、

僕、友達がいなかったということです。

顔見知りは何人かいるけど、声がかけられる友達がいない。これって最初に大好きな友達にAmwayを紹介して売り上げの数パーセントを得るという、いわばグループが拡大化する以前の問題点に直面たのです。そもそも、友達いないのに、ましてもや人に声をかけるのを躊躇っている時点で辞めとけばよかったかなと、今では後悔してます。

なので、話は大方聞きましたが登録はその場ではしませんでした。しかし、その日20代でAmwayで成功された中山健太氏のセミナーがあるから、これだけでも行ってみないかと提案されました。Amwayを断った上にセミナーの誘いまで断ったら申し訳ないなと思い、そのセミナーは行くことにしました。中山健太氏についての紹介は以下の動画を見てください。

中山健太氏のセミナー会場に行くと周りは自分の年齢とそこまで大差ない若い人たちが集まっていました。しかも、全員イケイケ集団で僕はかなりアウェイ感を感じていました。(パリピのノリにはついていけないんですよww)
しかし、今月はこれだけ紹介出したとか!Amwayの製品のおかげでニキビが治ったとか、色々と前向きな意見が飛び交う空間でした。

そして、定刻になりセミナーのスタート。MCの挨拶から始まり、派手なBGMと共に中山健太氏が登壇され話が始まりました。彼のプロフィールを簡単に説明すると福山出身で東京大学に現役で入学し、そのまま大手通信会社に就職し日々の業務をこなしている中Amwayと出会い、24歳で巨大なグループを作ってからは会社や時間に縛られることなく優雅な毎日を送っている誰もが憧れる自由人でありました。

時間と収入を両立させているから毎日が自由だけど、暇で暇でしょうがないと冗談交じりで皆を和ませていました。

話の中でAmwayの可能性や今後の日本の未来予想など色々とお話をされました。しかし、どうもスイッチの入らない自分がいました。で、、、、衝撃だったのは話の終盤当たり

僕は友達0から始めました。

という発言でした。

え?????

友達に紹介して売り上げを出して、それを拡大化していくお話なのに
その友達が0って致命的だと思うのですが。。。どうやって、友達0人から
巨大なグループを作ったのか。。。気になる。。。。

唾をごくりと人で、中山健太氏の話に耳を全集中しました。そこで、聞いたノウハウが僕の固定概念を壊したんです。

僕はmixi(今は化石となったSNS)を使って知らない人と繋がったりして、そこからAmwayを伝えたんだよ

・・・・・

それだ!!!!その手があった!!!!!

友達がいなければ、SNSで知り合い作ってAmwayを伝えたら良い。しかも、万が一断られてもそこまで精神的ダメージないし、そもそも赤の他人だからそこまで気にする必要ないかと。

ノウハウも聞けたし、自分にとって一番のネックになっていた友達がいないという障壁がなくなることにより、Amwayをやるというスイッチが入ったんです。(単純www)

その場でmixiを開いて、手あたり次第メッセージを送りまくりました。

そこから、人生で初めてSNSを通じて人と交わるという経験を通したわけです。今思えば、この経験があったからこそ今のつながりがあるといっても過言ではありませんが。顔も声も全く知らない人に会いに行くという不安と恐怖、、と言いたいところですが。色んな意味で知手が何者か知らないのでその辺はあまり気にならなかったです。むしろ相手がおっかない人だと分かった上で会いに行く方が
怖いです。

そんなこんなで、最初にmixiでヒットしたのが【けーすけ】という30代の男性でした。どういう経緯で僕に興味を持ったのか忘れてしまいましたが、とりあえずマッチングしたのでメッセージのやり取りをして日時を決めて、会いに行くのでした。

〈つづく〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です